不動産の売買の手続きとスケジュールについて

不動産を売買するということは、ほとんどの人の場合には人生で一度きりの経験です。そのため、実際に住まいを購入したり売却する段になると分からないことばかりで戸惑ってしまうケースがほとんどです。いざ住まいを購入したり、売却をする際にその手続きの仕方がよく分からないでいるとせっかくの不動産の買い時や売り時を逃してしまうことになりかねません。不動産の売買を検討し始めたときに最初にやっておきたいのは、その住まいをどのような目的で売買するのか理由を明確にすることです。住まいの購入や売買の理由としては家族構成の変化や子供の独立などさまざまな理由がありますが、自分なりに具体的に理由を整理することが大事です。そうすることで住まいの売却後にそのような物件を購入するのか、それとも賃貸物件へ住み替えるかという今後の予定が明確になるからです。

不動産を購入する際の手続きの流れ

まずは購入時の手続きの流れですが、実際に物件を探す段階ではその前段階として予算を組むことと、住宅ローンの借入先を決めることです。綿密な予算の計画がなければ高額な買い物をするのは危険だからです。万が一、予算の計画が十分なものでなかった場合には将来的に住宅ローンの返済に行き詰ってしまい、せっかく購入した住まいを競売に掛けられてしまうかもしれないからです。そのため、資金計画については事前に十分練っておく必要があります。また、住宅ローンを組む際の注意点として金利のタイプは必ずチェックしておくべきです。変動金利型のローンの場合、将来的に金利が上昇してしまったときには支払う利息も増えてしまい、ローンの返済計画が当初の予定通りにいかなくなる可能性があるからです。

住まいを売却するときの注意点は

それまで住んでいた住まいを売却する場合、少しでも高く売れてほしいと願うのは誰しも同じですが、何も努力をせずに売りに出したとしても希望に近い価格で売却できることはまれです。少しでも高く売却をしたいのであれば自分なりにできることはやっておくべきなのです。売却前に必ずやってもらいたいこととして、近隣の物件の相場のチェックがあります。この手間を省いてしまうと近隣の相場からかけ離れた高い価格で売りに出してしまい買い手が見つからずに個買ってしまうことになります。また、相場よりも安い価格で売却をしてしまった場合には、金銭的に損失を受けることになるので物件を売却する際には、事前に近隣の地域においてどの価格帯で同規模の物件が売られているかをチェックしておく必要があります。