不動産売買に関する基礎知識とは

不動産売買は人生にそう多くはすることがないと思います。ですが初めてだからと言って知らない事で損をしてしまう様な事が多々あるのも事実です。不動産を売買するうえでも基礎的な「取引態様」と「瑕疵担保責任」について説明させて頂きます。取引態様とはその物件を取り扱う業者がどのような取引を行うのかを示すものになります。売主であったり仲介であったり、その状態によって取引する際のポイントも変わってきますので注意が必要です。もう一つは瑕疵担保責任です。難しい言葉を書きますが雨漏りやシロアリの被害があった際にどのような責任が誰にあるのか?これは売買の仕方によっても変わってくるので注意が必要です。知っていることで自己負担額が無くなるケースもあるので紹介させて頂きます。

取引態様を見れば価格交渉の判別もできる

物件の広告やHPの物件データに「取引態様」という部分があります。これはその物件をその業者がどのように扱っているのかを書いてあります。一般的には「売主」・「仲介」と書いてあるのが多いと思います。売買物件であったとした際に、広告のところに「売主」と書いてあればその業者が物件の所有者になります。物件の所有者が不動産屋だとわかった際に何があるのか?業者が売主になると、物件についての責任を売主に問う事ができます。これは非常に重要な事なのです。個人間の取引(仲介)では基本的に引き渡し後何かあっても買主は文句を言えませんが、売主が業者であれば買主は守られる可能性があるわけです。また取引態様次第で金額が交渉しやすいかも判断できるわけです。売主が業者であれば応じてくれる可能性は低いが、個人が売り主であれば金額交渉が可能であったりします。取引態様には注意が必要です。

瑕疵担保責任を知らないともしもの時に大変なことになる

業者が売り主の場合、「瑕疵担保責任」を負うことになります。これは土地であっても中古住宅であっても同じです。「瑕疵」とは売主も知りえなかった不具合で、よくあるものはシロアリや雨漏りです。基本的には不動産取引を行う前に説明があるのですが、これをしない業者に当たって本来自分で補修費用を支払う必要がないものに関して支払ってしまっているケースもあるようです。この瑕疵担保責任はあくまで売主が業者の時にだけ発生する責任のため、個人間の取引では該当しません。そのため、物件を購入する際にはそういった不具合についてよく打ち合わせをして、物件の引き渡しまでにそういった不具合を見つけた場合にはどちらの負担になるのかをよく話をしておくことが重要です。基本的には引き渡しまでは売り主の責任なのですが、引き渡した瞬間に全責任が買主になるため注意が必要なのです。